QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 11人

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2010年11月27日

お詫びと訂正 リザルト発表

先の11月23日に行われましたトリガーハッピーシューティングマッチにご参加いただきましたシューターの皆様、お忙しい中ご参加頂きましてありがとうございました。
あらためて御礼申し上げます。

ここでお詫びと訂正がございます。
前回の記事において、無事に終了…とお伝えしましたが、PCで事前に準備していた計算式に単純な間違いがあり再集計の結果、当日お伝えした順位に変更が出てしまいました。
(アクションシューティングにおける集計方法は、ストップタイムにペナルティータイムを含めたタイムを成績として残さなければならなったのですが、計算式のミスにより、ペナルティーを含むタイム+ストップタイムを足してしまいました)
次回からはこのような事の無い様に万全のチェックをし、二度とミスの無い様にいたします。
参加者の皆様、とくに上位選手の皆様には大変失礼な事をしてしまいました。
この場をお借りしてお詫び申し上げます。大変申し訳ありませんでした。

大変遅くなりましたが、修正後のリザルトです。



少々解りにくいかもしれませんので、下記競技説明をご参照下さい。
____________________________________

TTHマッチ 競技説明
下記、3種の競技で計測されたタイムの集計結果で、順位を競います。
スチールチャレンジマッチ
・設置された5枚の的を全てヒットするまでの時間を競います。
・ストッププレートを最後にヒットする以外撃つ順番は自由です。
・1ステージで3回撃ち、すべてのタイムを合計します。
・ストッププレートをヒットする前に、ヒットしていない的があった場合、
 ターゲット1枚につき3秒のペナルティが加算されます。

アクションシューティングマッチ
・スタートの合図で、設置されたペーパーターゲットやポッパーターゲット、
 ストップターゲットを順番通りにすべてヒットするまでの時間を競います。
・ペーパーターゲットへはマッチ経験者はダブルタップ、マッチ未経験者はシングルで撃って下さい。
・途中で必ず1回マガジンチェンジを行ってください。
 マガジンチェンジをせずにストップターゲットを撃った場合は+3秒のペナルティーが加算されます。
・ストッププレートをヒットする前に、ヒットしていない的があった場合、
 ターゲット1枚につき5秒のペナルティが加算されます。
・ペーパーターゲットのそれぞれの範囲に着弾した結果がタイムに反映されます。
 (aゾーン +0秒 bゾーン +0.5秒 cゾーン +2秒 dゾーン +3秒)
・銀ダンはどの部分に当たってもペナルティーはありません。

フォーリングプレートマッチ
・4m、5m、6m、7m、8m(銀ダンは2mから6m)の各距離から
 6枚の10cmプレート(計30枚)を6秒間内で倒します。
・プレートに当たっても、倒れなければヒットになりません。
 ただし、銀ダンは当たればOKです。
・撃ち直しは出来ません。 
・すべての距離で両手撃ちです。
・銃の種類によって与えられる時間が変わります。
 〇セミオート・DAリボルバー(ガス・電動・長物)・・・各距離6秒
 〇シングルアクションリボルバー・・・各距離7秒
 〇銀ダン・・・各距離8秒
・プレートを1枚外す毎に、ペナルティータイムが以下のように加算されます。
 4m +2秒 5m +1秒6m +0.5秒 7m +0.3秒 8m +0.2秒
・銀ダンの場合は各距離とも+0.2秒のペナルティータイムです。
・4mから撃つか8mから撃つかはシューターが任意で決められます。
 ただし、どちらかから順番に撃ちます。

____________________________________

参加者の皆様、本当に申し訳ありませんでした。
当日のスナップ写真は後日アップいたします。
以上、よろしくお願いいたします。
  
Posted by s.makoto at 17:10Comments(0)マッチ