QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 11人

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2011年07月15日

実弾撃ってきました♪ その1


ズドゴ~ン!

先月末から2週間ほど仕事でハワイに行っておりました。

ハワイに来て「早く日本に帰りたい」と言っている日本人はおそらく我々だけだろうなぁ、と思ったほど仕事はチョー大変だったのですが、
せっかく実銃の撃てる国に来た訳だからと何とか時間を作って撃って来ました!

出発前から、撃ちに行くならSWATGunClubKokohead Gun Club(屋外400mレンジ)、MagnumFirearmsと決めておりましたが、
宿からやや遠いKokoheadは時間の都合でNG。

MagnumFirearmsは地元の人が撃ちに来るガンショップ&レンジなので、本物の銃や(当たり前ですが)装備品が大量に販売されてました。
当然、観光客向けではありません。

ガラス越しにレンジが見えるのですが、地元のオジサン達がホルスタードロゥでダブルタップの練習とかしてました。速いし上手い!
もしかしたら警官が練習してたのかもしれません。
レンタルガンもありますが、日本語は通じませんし実銃初心者にはちょっと難しいレンジです。
到着が閉店間際だったと言う事もありココも断念。

と言うわけで、SWATGunClubと言う射撃場に行ってきました。
このお店は日本人の経営だそうで、受付の女性も日本人、インストラクターも日本人(たぶん)でした。
ついでにチラシ配りのあんちゃんも日本人でした(笑)


メニューはこんな感じです。
ワイキキには何件か観光客用射撃場がありますが、どこも同じような内容と価格です。
自分はVIPコース、同僚はBコースをチョイスしました。
BコースはS&W M&P15-22、S&WのM15、グロック19の3種類。
VIPコースはS&W M&P15-22、S&WのM15、グロック19&21、レッドホーク、レミントンM870(たぶん)、M4カービンの7種。
チラシの銃と実際に撃つ銃がけっこう違うのはご愛敬。92Fが撃てなかったのは残念でした。


こんな感じで無造作にゴロンと置いてあります。

やっぱり銃はワイヤーにつながれているのかな?なんて思ってましたが、バレルの先っちょやトリガーガードにリングはあるものの、すべてワイヤーは外されていました。
ですので、気をつけないと銃口がアップレンジに向く可能性がありますが、マズルコントロールやトリガーガードに指を入れるな等の注意は特に無く、ipadでサイティングの説明をしてくれただけでした。
このあたりはもっとキチンとしたほうが良いのでは…。


まずは同僚(初実弾射撃)がダットサイト付きのS&W M&P15-22を撃ちます。けっこう当ててました。


グロック19。マズルファイヤが良く見えました。


グロック21。リコイルにビビってましたw
45口径は彼のチョイスしたコースに入っていなかったのですが、インストラクターの勘違いでちょっと得してました。

つづく!  
Posted by s.makoto at 20:28Comments(3)雑記